無料体験
受付中!
RyosukeのTOEFL® iBT 対策コース

独学でTOEFL® iBT110点、スピーキングセクション29点を取得したRyosukeから、試験対策のノウハウを学び、効率よく最速でスコアメイキングします。

こちらのコースは、3つの種別の中よりお選びいただけます。
・総合対策
・SW対策
・Speaking対策

担当トレーナー Ryosuke

RyosukeのTOEFL® iBT 対策コースの特徴

総合対策

【概要】
「TOEFL® iBT総合対策コース」は 、TOEFL® iBTのスコアアップをしたい方から既に上級レベルの英語力を持っているものの点数が伸び悩んでいる学習者を対象としたコースとなります。iBTでは、ライティング・スピーキングパートに複合問題が含まれるため、高い読解力、聴解力がカギになります。精読・速読とシャドーイングを継続してこれらの能力を伸ばし、最終的に全4セクションでの点数アップを狙います。また、同時並行で本番形式のライティング・スピーキング問題に取り組んでいただき、アウトプット力の大幅アップを狙います。

【対象】
□ 現在TOEFL® iBT70点前後、TOEIC®で700点前後、あるいは英検®2級程度の英語力をお持ちの方 (中学・高校英語の基礎ができている方) ⇒ 80点コース

□ 現在TOEFL® iBT80点前後、TOEIC®で850点前後、あるいは英検®準1級に合格できる程度の英語力をお持ちの方 ⇒ 90点コース

□ 現在TOEFL® iBT90点前後、TOEIC®で950点超、あるいは英検®1級に合格できる程度の英語力をお持ちの方(高い英語力はあるが、アウトプット力が不足している方) ⇒ 100点コース

【内容】
1) 例文暗唱・瞬間英作文 (単語帳、リーディング文章)
2) 受動語彙・能動語彙の増強
3) シャドーイング (リスニング音源、スピーキングモデルアンサー)
4) 精読・速読 (リーディング文章)
5) スピーキング添削 (自身の音声・原稿、及びモデルアンサー)
6) ライティング添削

【このコースで得られる力】
市販の問題集を用いて演習・復習を徹底的に行い、本番の試験の形式に慣れます。リーディング文章の精読により、自分のミスの原因を把握し意味理解力を向上させ、その後の速読で時間内に問題を読み解く力をつけます。
また、リスニング音源の精読・シャドーイングにより英語特有の音に慣れ集中して聴く力を鍛えます。スピーキング、ライティングについては、単語帳の瞬間英作文を用いた能動語彙力の増強と添削時の代替表現の指摘等を積極的に行い、本番の試験で即興で使いこなせる英文を増やします。アメリカンアクセントでの発音指導も行います。

【目標】
□ TOEFL® iBT80 (スコアメイキング例:R: 22, L: 20, S: 18, W: 20)
□ TOEFL® iBT90 (スコアメイキング例:R: 25, L: 23, S: 20, W: 22)
□ TOEFL® iBT100 (スコアメイキング例:R: 28, L: 25, S: 22, W: 25)

【授業の流れ】
1. リーディング文章の文法、単語について不明瞭解説
2. リスニング課題チェック・シャドーイングフィードバック
3. スピーキング課題フィードバックと、モデルアンサーのシャドーイングフィードバック
4. 英単語テスト・瞬間英作文課題チェック
5. ライティングエッセイフィードバック

SW対策

【概要】
「TOEFL® iBT SW対策コース」は 、TOEFL® iBT対策のうち、特にスピーキングセクションとライティングセクションのスコアアップをしたい方を対象としたコースです。
iBTでは、スピーキング・ライティングセクションともに高い読解力・聴解力がカギとなる複合問題が含まれます。シャドーイングで流暢性やリスニング能力を伸ばし、同時並行で本番形式のライティング・スピーキング問題に取り組んでいただき、アウトプット力の大幅アップを狙います。アメリカンアクセントでの発音矯正も徹底的に行います。

ライティングでは文法・語法ミスの指摘はもちろん、一人ひとりの弱点・課題点を徹底的に指摘し、スコアアップの具体的なアドバイスをします。

【対象】
□ 中学・高校英語の基礎ができている方
□ TOEFL® iBTで、スピーキングとライティングで伸び悩んでいる方

【内容】
1) 例文暗唱・瞬間英作文 (単語帳・自作例文の暗唱)
2) 受動語彙・能動語彙の増強
3) シャドーイング添削 (リスニング音源、スピーキングモデルアンサー)
4) スピーキング添削 (自身の音声・原稿)
5) ライティング添削(原稿)

【このコースで得られる力】
市販の問題集を用いて演習・復習を徹底的に行い、本番の試験の形式に慣れます。リスニング音源の精読・シャドーイングにより英語特有の音に慣れ集中して聴く力を鍛えます。スピーキング、ライティングについては、単語帳の瞬間英作文を用いた能動語彙力の増強と添削時の代替表現の指摘等を積極的に行い、本番の試験で即興で使いこなせる英文を増やします。また、アメリカンアクセントでの詳細な発音フィードバックを行います。

【目標スコア】
カウンセリングで現状と目標スコアをしっかりと把握し、一人ひとりに合わせた、現実的かつ志の高い目標を設定します。

【授業の流れ】
1. リスニング課題チェック
2. シャドーイング披露・フィードバック
3. スピーキング課題披露・フィードバック
4. モデルアンサーのシャドーイング披露・フィードバック
5. 英単語テスト・瞬間英作文課題チェック
6. ライティングエッセイフィードバック

Speaking対策

【概要】
「TOEFL® iBT Speaking対策コース」は 、TOEFL® iBT対策のうち、スピーキングセクションのスコアアップに特化したコースです。
iBTのスピーキング試験では高い読解力・聴解力がカギとなる複合問題が含まれます。シャドーイングで流暢性やリスニング能力を伸ばし、同時並行で本番形式のスピーキング問題に取り組んでいただき、アウトプット力の大幅アップを狙います。アメリカンアクセントでの発音矯正も徹底的に行います。一人ひとりの弱点・課題点を徹底的に指摘し、スコアアップの具体的なアドバイスをします。

【内容】
1) 例文暗唱・瞬間英作文 (単語帳・自作例文の暗唱)
2) 受動語彙・能動語彙の増強
3) シャドーイング添削 (リスニング音源、スピーキングモデルアンサー)
4) スピーキング添削 (自身の音声・原稿)

【目標】
カウンセリングで現状と目標スコアをしっかりと把握し、一人ひとりに合わせた、現実的かつ志の高い目標を設定します。

【授業の流れ】
1. シャドーイング披露・フィードバック
2. スピーキング課題披露・フィードバック
3. モデルアンサーのシャドーイング披露・フィードバック
4. 英単語テスト・瞬間英作文課題チェック

添削例

RyosukeのTOEFL® iBT 対策コース添削例

「RyosukeのTOEFL® iBT 対策コース」と「らいひよ® TOEFL iBTコーチコース」の違いについて

大きな違いは「RyosukeのTOEFL® iBT 対策コース」が「ティーチング」で、「らいひよ® TOEFL iBTコーチコース」が「コーチング」のコースであることです。「らいひよ® TOEFL iBTコーチコース」ではティーチングは行わず、ペースメーカーとしての役割が大きいコーチングコースです。ただし、どちらのコースでも同様の負荷の高い課題が出されます。こなしていただく課題に大きな違いはございませんのでご安心ください。

また、もう1つ大きな違いが、ティーチングコースである「RyosukeのTOEFL® iBT 対策コース」では以下2つの課題の「詳細添削フィードバックと解説」が付きます。

■ティーチングコースのみにある課題フィードバック
・ライティングエッセイの提出 → フィードバック
・スピーキング原稿作成、及び録音音声の提出 → フィードバック

■ティーチングコース:トレーナーは事前に課題の詳細添削を行い、レッスン内でフィードバックとその解説をさせていただきます。レッスン時間は75分です。

■コーチングコース:課題の取り組み方や、進める上で工夫してみたこと、難しかった点などをレッスン内で確認します。添削フィードバックは含みません。レッスン時間は45分です。