ホリデー特訓
募集中!!!
らいひよ®アメリカ英語発音矯正コース

らいひよ®の発音矯正は、「シャドーイング」や「音読練習」を絶妙なバランスで組み合わせ、実践的なセンテンスの中で発音矯正する、というアプローチを取ります。

らいひよ®では「発音スクールよりも発音が身につく」を掲げ、実践的に細部までフィードバックしていきます。ぜひらいひよ®発音矯正の品質を体感ください。

担当トレーナー Anna

らいひよ®アメリカ英語発音矯正コースの特徴

実践的な「シャドーイング」や「音読練習」の中で発音矯正をするので無駄なく最速で発音矯正します

個々の音素の発音矯正や発声法をまず徹底的に行うスクールもありますが、らいひよ®ではそのアプローチはとっていません。(例:/æ/の音を個別に練習、息の使い方から練習など)

10人いれば、癖・苦手な音は10通りです。まずはシャドーイング課題と音読課題が渡され、その課題からその方独自の苦手な音を抽出しいくので、弱点が明確にあぶり出されていきます。

「音源事前アップロード」なので超細部までフィードバックをもらえる

レッスンまでにシャドーイングと音読課題を徹底的に練習していただき、レッスン前に音源をアップロードします。担当トレーナーはレッスンまでに詳細フィードバックを作成します。

トレーナーは事前に何度も何度も生徒さんの音源を聞くので精度の高い発音フィードバックを作成することができます。

聞き手に聞く努力をさせない正確なアメリカ英語の発音を目指します

聞き手の出身国・出身地域に関わらず自分の発音が正確に伝えられるようにします。現在すでに発音が高いレベルにいる方はよりネイティブに近い発音を目指します。

課題、レッスン内容

・発音教材:らいひよ®オリジナル発音教材
・シャドーイング:音源アップロード → フィードバック
・音読課題:音源アップロード → フィードバック

生徒さんから大好評のらいひよ®オリジナル発音教材を毎回1つずつ進めていきます。

レッスンの効果を最大化するために、十分な学習時間を確保できることをご確認ください。 目安として、1日最低1時間、できれば2時間程度の学習時間が確保できるのが望ましいです。

対象レベル

現在の英語力が英検2級/TOEIC600点以上のレベルの方を対象としています(上限は設けておりません)。

らいひよシャドーイング特訓との違いは?

シャドーイング特訓では「シャドーイング課題」がメイン課題となりますが、アメリカ英語発音矯正コースでは「シャドーイング課題」と「音読課題」の2種類のメイン課題が出ます。

発音の知識があまりない方や、発音・流暢性の基礎がまだ固まっていない方はまずはシャドーイング特訓を受講することをおすすめします。

シャドーイングなどモデル音源がある素材ではうまく発音ができるが、モデル音源がなく自分で音読する時は発音やイントネーションが崩れてしまうという方は音読課題もあるアメリカ英語発音矯正コースがおすすめです。

シャドーイングの効果・やり方・コツ

らいひよ®の考える効果的なシャドーイングは以下に詳しく記載しています。

シャドーイングの効果・やり方・コツについて読む。