「『今のあなたに必要なことは、コレです』とはっきり言ってくれるので、 ​納得して取り組むことができました。」

らいひよメインコース
  • お名前:長谷川 洋 様
  • 英語力:TOEIC®935点・英検®1級8回合格(奨励賞)

モニターに申し込んだきっかけはなんですか?

英語の4技能の内、読む・聴く・書くについては自分が取り組んでいる学習を進めていけば伸びていく実感がありましたが、「話す」については普段英語を話す機会もなく、どうすれば不自由なく話せるようになるのか上達の道筋が見えておらず、自分だけの学習に限界を感じておりました。

「話す」ことにフォーカスした英語学校への通学を検討していたところ、国内での学習で圧倒的な実力を身に付け、結果を出しているトレーナーのお二人が新しくスクールを始められることを聞きました。自分の体験に基づく指導であれば、信頼してついていけるだろうと思ったのが申し込みの理由です。

課題の量はどうでしたか?

最初のオリエンテーションで宿題の量を聞いて思ったのは、「えっ、無理でしょ。これ!」です。量は多いとだろうと想像していましたが、それを遥かに超えた量でした。覚えなければいけないことが多く、記憶力にも自信がなくなっている中で、非常にチャレンジングな取り組みになりました。

ただ「壁」を打ち破ったり、自分を変えていくためには「量」も重要なポイントだと思います。

発音指導はどうでしたか?

自分が意識していない癖や箇所を指摘を受けられるのが良かったです。また市販の教材ではなく、自分が書いたスピーチで発音指導を受けられるので、普段の会話での発音改善に直結するところも良かったです。

また上手く言えない単語の練習方法も具体的に教えてくれるので、その後に自分で練習する際にも役に立ちました(以前習ったことのある米国で英語学でPh.d.を取得された先生と同じ方法でした)。

トレーナー・レッスンについておしえてください 。

英語の発音や流暢さはもちろん自然な表現を含めた語彙の豊富さが、特に素晴らしかったです。ここまで出来るようになるなら、自分もこれを目指したい、近づきたい思わせてくれる英語力でした。

疑問に思ったことに対して自分のレベルに応じて必要なことを適切に提供してくれます。「今のあなたに必要なことは、コレです。」とはっきり言ってくれるので、納得して取り組むことができました。また、自分が苦労して習得された分学習者の悩みを理解し親身に話しを聞いてくれるので、安心して相談することができました。

​発音に対してのこだわりはひしひしと伝わってきました。知識だけでなく、粘り強く教えてもらえるところが良かったです。

他英語スクール・サービスと比べ、何が違うと思いましたか?

体系的に発音の理論がまとめられており、非常に分かりやすかったです。過去いくつかの発音講座にも通いましたが、これだけの内容を理路整然と話しをしてくれる講座はありませんでした。今まで学んできたことや感覚的に理解していたものは、そういうルールに基づくものだったのだと、ようやく腹落ちすることができました。発音を網羅的に学ぶのに最高のレッスンです。​

始めようか迷っている方にアドバイスをお願いします。

英語を学習する上での目的や目標は人それぞれです。最短で目標を達成するためには、その人のレベル等に応じた最適なルートを見つける必要があります。自分で見つけられれば良いですが、何をどれだけやれば良いか分からないのが現実です。それを提供してくれるのが、「英語ジム らいおん と ひよこ」ではないかと思います。トレーナーの2人が苦労して身に付けたノウハウを学んで行けば、必ず目標に到達できます。厳しくも優しく導いてくれるので、後は信じてついていく「勇気」だけです。飛び込んで後悔はありません!

最後にメッセージをお願いします。

TOEIC®では900点を超えてるし、英検®1級は複数回合格している。でも喋ることに自信はない、それが私でした。自分なりにスピーキングの強化のために取り組んできましたが、停滞期から中々抜け出せない、そんな時にらいおんとひよこのモニター募集を知り、迷いつつ申し込みをしました。

何故、迷ったか、それは「トレーナーの2人」が普通じゃない人達だったからです。圧倒的な量の学習をこなし、最強レベルの学習者でもある2人が始めるスクールならば、質には問題がない。問題は、「その2人が出す課題を私がこなせるか?」でした。しかし、自分の壁を越えるためには変化が必要ということでモニターに申し込みました。

最初のオリエンテーションで毎週の課題の量を聞いたときは耳を疑いました。「えっ、無理でしょう。これ!」これがその時の正直な感想です。しかし、複数の課題のそれぞれに意味があり、全ての課題は最終的に有機的に繋がることが理解できたので、まずは取り組んでみました。最初の1週間は全力以上の力で取り組んだので、週の後半はかなり虚ろな目をしていたと思います。その後、個人的な事情があり、トレーナーと相談し課題量を調整しましたが、1か月のモニターを無事終了することができました。

レッスンの中では、提出した課題(スピーチ)に対して適切な表現を提案してもらったり、発音については、粘り強く指導してもらいました。また発音については体系的かつ網羅的に教えてもらい、非常に有用でした。私は発音のセンスがないことは自覚しており、いままでも色々な講座に参加してきましたが、そのいずれよりもよくまとまっており、腹落ちして練習をすすめることができました。
 
モニター期間は終了しましたが、その期間で学んだ取り組みについては、今後の自分の学習の中に取り込んでいきたいと思います。特に語彙強化については今までに自分が取り組んだことがないやり方であり、これを継続すれば語彙本から脱却した語彙強化が図れ、能動語彙の増強に繋がると確信しています。

私は、資格試験を中心に学習してきたので、話すことが後回しになってきた典型的な日本人学習者であり、スピーキングの向上に苦労しています。スピーキングレベルの向上には時間がかかるし、独学には限界があります。後々苦労しないためにも体系的に発音を含めたスピーキングの向上策を早期に学ぶことは、早ければ早い方が効果的だというのが今の私が思うことです。
 
発音を学び、シャドーイングに取り組めば、間違いなく聞くことが楽になります。またスピーチを書いていく過程で、文法・語彙を学べば、自分が話せる話しが増えていきます。文法を学べば、読むことが楽になり、同時に語彙を増やしていけば、更に、読むこと・話すことが楽になります。私にとって今回のモニターはスピーキングを中心に効果的に4技能を学べる非常に良い機会となりました。また、それぞれの技能を単独で学ぶのではなく、連携させて学ぶ重要性を気づかせてくれたという点でも得難い経験になりました。どうもありがとうございました!