「Jab InterviewをJob Interviewに変えたい方に オススメのコース」

  • お名前:青山 周平 様
  • 英語力:TOEIC®︎ 900​
  • 目標:海外転職

モニター受講に申し込んだきっかけはなんですか?

将来的に海外転職を希望しており、それに向けた実践的な面接対策をしたいと考えていたこと。また、Twitterでサラさん(@salah_backpack)の英語を普段から参考にしていることもあり、このモニターレッスンに申し込みました。

課題の量はどうでしたか?

課題の量は適切だと思いました。課題内容はジョブインタビューの頻出質問10項目に対する答案作成及びその暗誦でしたが、次のレッスンまでに1週間あったので時間的にも余裕を持って暗誦までこなすことができました。暗誦に少し時間がかかりましたが、1日30分から1時間程度時間を取って声に出して練習すれば十分覚えれる量だと思います。

トレーナーの英語力や教え方はどうでしたか?

Ellyさんは非常に笑顔が素敵なトレーナーで打ち解けた雰囲気の中でレッスンを受講することができました。

​日本人どうしだとどうしても英語で会話しにくい雰囲気を感じる時もあるのですが、Ellyさんにはそれがなく、最初のレッスンからレッスン中は基本的に英語のみで行うことが出来ました。

また、私は最初のレッスンで細かい発音修正をリクエストさせていただいたのですが、次のレッスンからはかなり細かく発音の指導していただき、自分がカタカナ英語で無意識に覚えてしまっている英単語の発音の癖に気づくことができました。

面接指導はどうでしたか?

Ellyさんの面接指導のおかげで、将来のジョブインタビューに向けて自信がつきました。指導の中で一番参考になったのは、より自然な英語の言い回しを教えてもらえたことです。今まで経験してきた実際の面接では、自分の英語表現で正しく内容が伝わっているのかをフィードバックして貰える場面がなかったため、不安な状態で面接を行っていました。

しかし、今回の面接指導では自分の英語をより自然に言い回しに直してもらえたことで、面接の受け答えに対する苦手意識をなくすことができました。また、受け答えの内容の暗誦を課題として与えられたことで、いつでもスラスラと受け答えが出来るようになったのが更に自信を深めることにつながりました。

模擬インタビュー(ロールプレイ)はどうでしたか?

模擬インタビューでは、より実際の面接に近い形式でロールプレイが出来たのが非常にいい経験になりました。

それは以下の2つの要素があったからだと思います。

一つ目は、事前課題にもあった頻出質問に加え、BEI(Behavioral Event Interview)と呼ばれる前職での職務経験について深堀りする面接形式もランダムで取り入れていただけたことです。
2つ目は、事前に自分が志望する企業を伝えていたことで、その企業や業界に合わせてトレーナーのEllyさんが質問事項をアレンジしてくれたことです。上記2つの点を取り入れていただけたことで、実践的なロールプレイをすることが出来たと思います。

また、BEIを模擬体験した際、日本語でも何て答えるべきか分からないという場面が何度かあったため、自分の職務経験について自分の中でより深堀する必要があると感じました。これも今回の模擬インタビューがあったおかげだと思います。

トレーナーの英語指導に対する知識・情熱・人柄はどうでしたか?

Ellyさんは徹底的に指導してくれるプロフェッショナルなトレーナーだと感じました。例えば、私が暗誦した課題の文章を録音してシェアしたところ、それを一つ一つの文章に分解してそれぞれで良かった発音、修正した方がいい発音を丁寧に教えていただけました。

また、3回目のレッスン後に私の志望する企業や職種の面接でよく聞かれる質問内容をわざわざまとめてくださり大変参考になりました。このように、知識もさることながら受講者一人一人に合ったアプローチをしてくださるEllyさんのプロ意識の高さに感銘を受けました。

学校の授業や英語スクールでは得られないこと、 ​このコースだからこそできたことなどはありましたか?

このコースだからこそ出来たことは、”英語でなんとか話せる”内容を自然な英語で伝えられるようになったことだと思います。面接指導の中で何度か英語で詰まったときがあり、日本語でこういう風に言いたかったと伝えると自然な英語に直していただけました。これは、英語の知識や指導経験が豊富なEllyさんだからこそ出来ることだと感じました。

始めようか迷っている方にメッセージやアドバイスをお願いします。

海外転職を検討しているけど、自分の英語に自信がなかったり面接に不安を感じている方は特におすすめです!自信を身に着ける一番の方法は”出来る人の英語を盗むこと”だと思います。その意味で、英語の知識や指導経験が豊富なEllyさんは受講者それぞれの志望する業界や企業に合わせて面接指導をしてくれますので、レッスンごとに自信が深まるはずです!

最後に一言お願いします。

英語面接を成功させる鍵は緊張しないことだと私の英語学習歴ですが、英語学習そのものは本格的に始めて10年近くになります。現在は、英語でニュースを読んだりNetflixを観るのを毎日の日課にしており、厳密に言うと学習というよりは趣味に近いかもしれません。将来的に海外転職を目指しているため、今回のEllyの英語面接対策コースを受講することにしました。

『Jab InterviewをJob Interviewに変えたい方にオススメのコース』

 私は今まで”Job Interview=Jab interview”だと感じていました。暗闇の中でどこから来るか分からないジャブを受け続ける感覚です。そして、仮にジャブを受けても素早く立ち直って次のジャブに備えなければいけないのです。もしかしたら日本語の面接も似た感覚かもしれません。結果、面接では常に緊張と恐怖に支配されてしまいます。しかし、今回「Ellyの英語面接対策コース」を受講してみて、少なくとも暗視ゴーグルを付けてジャブをかわしながら冷静に反撃できるようになりました。勿論、実際の英語面接は自分をアピールしながらも志望企業と自分がマッチしているかを確認する相互理解の場ですので、敵味方という区別はありません。私がここでお伝えしたいポイントは、英語面接はある程度準備ができるということです。例えば、英語面接でよく聞かれる質問は事前に答えを考えておくことが可能ですし、自分の志望する業界や職業に特化した質問を事前に予期することもできます。

 問題は、事前に対策が出来る質問に対して自分の言葉でどう伝えるかということです。実際、”こんな風に自分の意図を伝えたい、でもどうやって伝えればいいのか分からない”という経験はありませんか?Ellyの英語面接対策コースは、自分の言い方に自信がなかったり、どう伝えれば分からなくて困っている方に非常におすすめです。このコースでは、上述したような英語面接でよく聞かれる質問事項を提示した上で、伝えたい内容や意図を最適な言い回しに落とし込んでくれます。そうです、今まで見えなかったジャブを可視化した上で、そのかわし方と反撃方法を教えてくれるのです。そして、このコースを指導してくれるトレーナーのEllyさんは、受講者が学びたいもしくは対策したいと思っていることに対して100%以上で対応してくれるトレーナーです。

英語のことわざに『The squeaking wheel gets the grease (きしむ車輪は油をさしてもらえる)』がありますが、一言で言えばEllyさんは”Grease”になってくれるトレーナーです。ですので、このコースを受講する方はまず”The squeaking wheels”になって、始めのレッスンで自分の改善したいことや英語面接で悩んでいることをどんどん伝えるといいと思います。Ellyさんはそれに合わせて適切なアドバイスや指摘をしてくれます。私の場合は発音の細かい修正を依頼したところ、ずっと染み付いてしまって今まで気づかなかった微妙な母音の間違えまで指摘してもらえました。人によって英語面接で改善したい点が様々だと思いますので、是非Ellyさんに相談してみてください。

​きっとあなたに合った”Best suited grease”を提供してくれるはずです。