日米Cross-culturalコース

本コースはスピーキング能力を伸ばすと共に、日本とアメリカの間の文化の違いについて学ぶことを目標とします。

担当トレーナー Marina

日米Cross-culturalコースの特徴

概要

毎回違うトピックを扱い、それに関するアメリカ側の情報等について話した後に、スピーチならびにディスカッションを行います。

英語を使用するのに慣れてもらうために授業の進行やスピーチ・ディスカッションパートは基本的に英語で行いますが、細かい解説やスピーチのフィードバックなどは日本語を用います。

スピーチスクリプトは原稿をアップロードしていただき、文法・語法・不自然な表現など細かくチェックするだけでなく、文章の構成能力などについてもフィードバックします。

完璧なアメリカンアクセントを持つトレーナーから発音矯正やリズム・イントネーション指導を受けられます。

目標

・異文化理解:アメリカ(国民性、文化、考え方・発想の違い等)について学び、それを日本と比べることで双方の国について理解を深める。視野を広げる、国際人間的な考え方を身につける。
・語彙強化:能動・受動語彙あわせて毎週100~300個程度
・例文暗唱:毎週レベルに合わせて数十個の例文暗唱
・スピーチ:原稿作成→練習→暗唱→音源アップロードがあるので、事前にスクリプトと音声を提出いただき、レッスン中に原稿の添削・発音フィードバックをします。スピーキング力だけでなくライティング力と発音を強化します。
・ディスカッション:関連するトピックに関して自分の意見を言い、説得力のあるスピーキングができるようにします。

課題、レッスン内容

・関連単語のインプット:能動語彙・受動語彙を覚えます
・トピックに関する記事をのリーディング課題
・例文暗唱
・スピーチ披露・フィードバック:事前に原稿 + 音源アップロード有り
・ディスカッション

テキスト

こちらが指定する市販書籍をご用意いただきます。